CLANNAD~AFTER STORY~ 第13話「卒業」   

2009年 01月 31日

 朋也は秋生から渚との結婚の許しをもらい、渚が無事に高校を卒業して「古河渚」から「岡崎渚」になるまでのお話でした。

 朋也は秋生に重要な話をしに古川家を訪れるも、秋生は留守。戻って来ても秋生が投げる球をヒット性の当たりに打ち返さなくては朋也の話を聞かないと言うのです。ならば朋也は打てたら無条件で自分の言うことを聞いて許してくれ…と意気込みますが、実力の差は否めません。
 初回は朋也の惨敗でした。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 仕事の合間にも素振りの練習をする朋也と、それを黙って見守る芳野。バッティングセンターに行けば? とか考えたのは私だけでしょうか? だって素振りだけじゃ球の見極めが出来ないんじゃね?

 練習の甲斐あって秋生の球をホームランした朋也は雨の中「渚を俺にくれ!!」と土下座。朋也は自分に似ていると言った秋生は多分最初から許すつもりだったでしょう。「渚を幸せに出来なかったら迎えに行くからな」と許してくれました。

 ラブラブな婚約期間、クリスマスは朋也と渚は二人で過ごしました。プレゼントは相変わらずの団子のぬいぐるみです。お正月には20歳になった渚が人生初のお酒を口にしました。 盃一杯で酔った渚は朋也に絡む絡む! そして朋也の膝枕で眠ってしまった渚。意外な一面が見られて幸せで楽しい時間でした。

3学期になり、渚は体調を崩してしまいました。卒業出来るか気にする朋也に「出席日数」も足りているから大丈夫と答える渚でした。しかし卒業式の日も出席出来ず、部屋から学校の方を見ているだけでした。

 そんな渚に朋也からのサプライズプレゼント! 朋也は藤林姉妹、ことみ、有紀寧、智代、春原、公子夫婦、幸村先生他を学校に集めて渚の卒業式を開いてくれました!!(ボタンは永遠にウリ坊らしい) そっか、渚は入学してから卒業するまで5年もかかったのね。よく頑張ったよ!!

 服役中(?)の朋也の父親に渚と結婚する旨を報告した朋也。父は渚の事を覚えていましたね。「お幸せに」ってチョット他人事っぽかったなぁ。そして、二人は婚姻届を提出し渚は「岡崎渚」になりました!

次回 第14話「新しい家族」





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-01-31 01:52 | CLANNAD-AFTER STORY-

<< 黒執事 第16話 「その執事、孤城」 ソウルイーター 第42話「進撃... >>