CLANNAD~AFTER STORY~ 第12話「突然の出来事」   

2009年 01月 24日

 夏になりました。

朋也は仕事にも慣れ、会社の人たちとも打ち解けて自分の居場所を見つけていました。そこへ持ち上がった朋也の転職話。親方の知り合いが現場監督候補を探しているというので朋也を推薦したいというのでした。
収入面も好条件でしたが芳野の方が適しているのではないか、と言う朋也に芳野は自分は人付き合いが苦手だと言う吉野。

 転職に迷う朋也に芳野は自分の昔話をきかせます。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 高校生の頃から芳野はプロのミュージシャンになる事だけを考えていました。皆がバカにする中、一人の教師だけが応援してくれていた。「プロになったら付き合ってくれ」「いいわよ」という約束をし、卒業して上京、直ぐにメジャーデビューとなりスターになった。
 恵まれない子供たちに出会い、今まで自分の為だけ曲だったものが自分だけのものではないと思い知った時、その重大さに曲が作れなくなった。
 休養しているうちに熱烈なファンが重大事件を起こしてしまった。それは自分が曲を作らなくなったせいではないかと考えてしまい、それからはメチャクチャな曲を作り始めてしまった。しかしそんな無理はいつか破綻してしまう。吉野は薬に手を染めてしまった。
 事務所を解雇され、光坂に戻って来た芳野を迎えたのは「彼女」だった。
「歌、続けてる?」
その時吉野は彼女の為に歌えば良かったのだと後悔した。

 吉野の言葉に後押しされて朋也は転職を決意しました。渚の両親や近所のオバさんに囲まれても動じない朋也に渚は表情も優しくなってきたと言います。
 全てが上手くいき始めていた矢先の突然の出来事。
 朋也の父親が危ない取り引きをして警察に捕まったという知らせが!! 狭い町のこと、噂は瞬く間に広がり朋也の転職話は無かったことになりました。親方は今まで通りに自分の元で働いてくれて良いと言ってくれましたが……。

 町を出ようと言う朋也に渚はNOの答え。朋也だけが居てくれれば他に何も要らないけど、逃げるのはダメだと承諾しませんでした。

 面会に行っても父は笑みを浮かべているだけ。朋也の叫びは届かないようです。苛立った朋也は渚にプロポーズします。渚は即OKの返事をしました。今は自分も朋也も情け無いけど、二人ならきっと強くなれます。ずっと傍に居ますと……。

 海に行く話はお流れですよね。一緒に水着を買いにいく渚と朋也とか、渚の水着姿にデレる朋也が見たかったなぁ……。

次回 第13話「卒業」





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-01-24 01:01 | CLANNAD-AFTER STORY- | Comments(0)

<< 黒執事 第15話 「その執事、競争」 ソウルイーター 第41話「クル... >>