ソウルイーター 第41話「クルクルクルル~博士は踊る、新しき世界?~」   

2009年 01月 21日

 狂気増幅装置が発動したことに恐れをなして死武専の生徒は登校しなくなってしまいました。そんな中で一人張り切っているのはブラック☆スター。ソウルもやる気満々ですが…。
 マカは居なくなってしまった博士のことと、未だ処分の決まらないクロナのことで頭がいっぱいでした。落ち込んで食事当番もサボってしまいます。ブレラ(久しぶりの登場!!)は魔法で魚を焼きますが炭化してるよ……。
 でもマカは久しぶりに届いたママからの葉書で元気になっちゃいました。マカは本当にママが大好きなんですね。マカママって凄~~~い!!! どんな人が見てみた~い!
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 BREWを使うには他の魔道具が必要ということが分かりました。それを探すにはキッド適任だそうですが、キッドは死武専のヤリ方に不信感を抱いているのでどう協力するのでしょう?

 久しぶりにバスケをするマカとソウル、ブラック☆スターと椿。次にシュートをした奴が鬼神を倒す! とか言ってたらシュートをしたのはマカになってしまいました。でもブラック☆スターのアシスト(?)があったからだけど。
う~~~ん、未来を占っているみたいですね。
 キッドはマカたちに、鬼神の居場所をリークしたのはメデューサだと教えます。キッドは未だBREWの事を知らないので、何故死神様がメデューサからの情報を信じたのか分からないまま。それが不信に繋がっていました。
 BREWのことを知らせないままで魔道具探索に強力しろって言われてもなぁって気がします。


 クロナは死神様にメデューサの元に行かせて欲しいと直訴しました。シュタインを取り戻す為と、自分自身がメデューサと決着を着ける為にですが、それにはマリーが同行することに!? やはりマリーはクロナを許せない?

 死武専でのシュタイン捜索が打ち切られた一方でシュタインの葛藤は続いていました。戻るべき場所には心に思えば行ける…。子供の頃の自分自身が導きますが、扉の向こうで待っていたのはメデューサ!?
 マリーはシュタインにとって鬱陶しい存在だった? スピリットは死神様の飼い犬にしか過ぎなかった? ここの描写は心情的には理解出来るけど、説明し難いです。

 スピリットとマリーはシュタインを信じているようですが、どうなっちゃうの!?

次回 第42話「進撃!ババヤガーの城~なんかモヤモヤする?~」

 お前の魂、アレするよ!

TB先  http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/585-05c88c79





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-01-21 01:42 | ソウルイーター【終】

<< CLANNAD~AFTER S... 機動戦士ガンダムOOセカンドシ... >>