黒執事 第14話 「その執事、異能」   

2009年 01月 17日

 先週は地域によってはダイジェスト版が放送されたようですが、我が宮城県では放送がありませんでした。東●放送さんのイケズ~~~っ!!! タナカさんのナレーションによるダイジェスト版って観たかったよ!
 ということで、今回が新年最初の「黒執事」です。

 OPがマイナーチェンジしました。曲は同じで2コーラス目になり、内容も一部が変わっただけ。物足りない気がするけども、フルチェンジして裏目に出るよかマシかな? 今のOPは気に入っているし。
 EDはフルチェンジで梶浦さんが作られた曲!! エキゾチックな感じで好き~~~♡ だけど白薔薇に囲まれて横たわるシエルを乗せた舟を棒一本で漕いでる場面で何故か「地獄少女」を思い出してしまった……。シエルの魂を黄泉に持っていくセバスチャンってイメージ? (悪魔に黄泉ってイメージは変だよね。 地獄? 魔界?)
 CM前後のアイキャッチも変わりました。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 今回で一番ウケたのはなんと言っても「あくまで鹿ですから」でしょう!
 原作にも当然「鹿」は出てきましたが、この頃って「鹿男あおによし」を放送していた頃だったのでしょうか? 雑誌掲載時は読んでなかったので、どうだったのか少し気になっています。

こっそりシエルの屋敷を抜け出したアグニを尾行していったシエルたちはウェストの屋敷に辿り着きました。屋敷に忍び込むと(劉の「針」技が見たかったな)アグニとウェストの会話を盗み聞き。その内容から、インド帰りの者たちを逆さに吊るした事件の実行犯はアグニだということが判明しました。
そしてウェストとなにか取り引きをしたようですが、その会話の中に「ミーナ」の名前が出てきたことで同行していたソーマが部屋の中に飛び出して行ってしまいました!!

 ウェストに命令されて自分を殴ろうとするアグニにソーマは驚愕!! アグニは血の涙を流しながらソーマを殴ろうとしたところに鹿が乱入!! (鹿の首の剥製って中身はどうなってるんだろ? 何かが詰まっているんだよね?)
 人ならざる力で家具を壊しながら襲って来るアグニからソーマを救い、屋敷を脱出するシエルたちでした。

シエルの屋敷に戻りお茶をしているとソーマがアグニに裏切られたショックをティーカップに八つ当たりして自室に篭ってしまいました。“坊ちゃんに似合うと思って取り寄せた”食器を割られたセバスチャンはソーマを躾け直す為にドS行動をします。
ここの小野DのドSっぷりにはゾクゾクしちゃいましたね!!

 「全て失ってしまった」と嘆げくソーマに「失ったのではなく、全ては親から与えられたもので、最初から何も持っていなかった」と厳しい現実を突きつけます。
 セバスチャンの言葉に益々打ちひしがれるソーマ。でもそれを止めたのはシエルでした。
「僕も同じだったかも知れない。あの一ヶ月が無ければ……」
 両親を殺され、屋敷を焼かれ、家畜以下の扱いを受けた一ヶ月間。(原作ではココでセバスチャンとの出会いがチョット描かれていたのですが、アニメではカットされてしまいましたね)
 “ファントムハイブ”が邪魔で襲ったのなら、またやって来るのではないかと待っていると言うシエル。それは自己満足の復讐だけどもゲームでもあると楽しんでいるようでもあります。
 ソーマはそんなシエルを見直して食器を壊した事を誤りましたが、セバスチャンにはビビッてシエルの後ろからの謝罪でした。

 今回の事件の犯人が判って“裏の事件”ではないことがハッキリしました。シエルはロンドンまで呼び出された駄賃にウェストが狙っている、カリーの「英国王室御用達」の称号を自社のものにしようと考えます。
 その品評会にはもちろんセバスチャンが参加!! しかしそこでソーマからアグニの「神の右手」の真実が語られる。
 アグニの「神の右手」とは戦いに関しての事ではなく、無限にあるカリーのスパイスの中から至高のブレンドを生み出す手という意味なのです。正にカリー(女神)の右手なワケでした。そんなアグニに勝てる筈がないと言うソーマですが、そこはセバスチャンですから。

 セバスチャンはあっという間に様々なスパイスのブレンドで作り上げたカリーを何種類も作り、アグニのカリーの味を知っているソーマに味見をさせます。ソーマはお腹イッパイだ!!
 シエルのおやつにはガトーショコラが用意されましたが、食べる気がしないからカリーの鍋に突っ込めって!? 食べ物を粗末にしてはいけない……けど、アニメではコレが功を奏したのか?

 そして早くも品評会の日がやって来ました! (早過ぎるよね、カットし過ぎじゃね? 少しは原作のセバスチャンの苦労や味見係りの使用人たちの苦労も描いて欲しかったよね! てか、セバスチャンの最初のカリーを「不味い」とソーマに言わせたかったよん)

 出場者控え室ではアグニとセバスチャンが遭遇。原作程、対抗心メラメラ(!!)が見られなくて残念。

 ソーマは品評会の人ごみの中にミーナを見つけました。追いかけて、一緒に帰ろうとソーマが言うと
「バッカじゃないの!?」
ミーナが国を出たのは英国人に無理矢理連れて行かれたのではなく、身分制度に縛られた国を出たかったというミーナ自身の意思からでした。本当の事をソーマに言わないという、アグニとの約束だったそうですが…。

 品評会会場には予想外に女王陛下が現れました。シエルは念のために謁見の準備をしていて正解でしたね。 でも普通の登場の仕方にガッカリ。原作の登場の仕方が好きだなぁ。ああいうノリが好きですよ。

 品評会の参加者の一人にアンジェラが何かを渡しました。カリー粉じゃないかな? と思うけど絶品なカリー粉かワケ有りのカリー粉かは分からない。アンジェラの目的は何?

 今回は原作を結構イジリましたね。劉の出番が削られているのも寂しいです。スパイスを取り寄せたのは劉なのに……。

次回 第15話 「その執事、競争」

カリーはかりー(辛い)……聞き逃すことなんて出来ない!!(失笑)

TB先  http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/tb.php/712-8ae97ecd
     http://app.blog.livedoor.jp/auauauau___/tb.cgi/1155626
     http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/745-bca744d6
     http://cazsakura.blog114.fc2.com/tb.php/599-bdf06a17
     http://blog.seesaa.jp/tb/112784160

f0119299_20513361.jpg

★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-01-17 16:24 | 黒執事

<< 鉄腕バーディーDECODE:0... CLANNAD~AFTER S... >>