ソウルイーター 第40話「切られたカード~メデューサ、死武専に投降する?~」   

2009年 01月 14日

 ワタシハ…トリヒキニキタ

 メデューサが死武専に投降して来ました。拘束されて独房に捕らえられているメデューサはBREWを手土産に死神様に面会を求めます。

 死武専がいくら探しても見つかっていない鬼神の居場所の情報と引き換えに、自分たちの身の安全と保障を求めたメデューサ。
死神様はメデューサの目的がアラクノフォビアと死武専を争わせ、あわよくば共倒れしてくれるのを高みの見物しようとしているを知った上でメデューサとの取引に応じました。

 メデューサは釈放されてしまいました。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 EDがabin gdon boys shoolの「STRENGTH.」になりました。前のOPの曲も合ってたけど、今度のED曲もカッコイイですねぇ、西川くん!

 メデューサが投降して来たことで忘れられてしまったクロナの処分。メデューサ一味の身分が保障されるというのなら、クロナの処分もお構い無しになったと思って良いのでしょうか? メデューサが釈放され
た時にクロナを連れて行くんじゃないかとドキドキしましたよ。死武専に置いて行ってくれて良かった!!

 メデューサを取り調べようとするデスサイズですが、拷問したくても人間の体を借りているに過ぎないので手出し出来ない事なんてメデューサはお見通しでした。
 BREWを死武専に渡して死神様と会見したメデューサ。BREWを掘りに行ったシド先生、お疲様!! 何時の間に埋めたんでしょうね? そこは魔女だから何でもアリ!?

 死神様と会見したメデューサですが、彼女が履いているカボチャパンツ談義に花を咲かせる死神様とデスサイズのノリについて行けずにドン引き。保険医時代にも苦労したそうです。

 メデューサとの取引話の最中にアラクノフォビアが鬼神を利用して狂気増幅装置を作動させてしまいました。こうなってしまうとメデューサの出した条件を飲むしかありませんよね。

 さすがのメデューサも勝算があったにしても死神様が条件を飲むかどうかにドキドキしていました。しかし結果はメデューサの思惑通りに!

 釈放されるメデューサを黙って見送るしか出来ないマカたちは悔しさを滲ませました。死神様のヤリ方を目の当たりにしたキッドはどうするの?

 メデューサが釈放された日にシュタイン博士が姿を消してしまいました。狂気増幅装置の影響で、益々狂気に蝕まれたシュタイン博士はどうなってしまうの!?
 次回はシュタイン博士のお話ですね。スピリットが重要な鍵を握っている?とでも?

次回 第41話「クルクルクルル~博士は踊る、新しき世界?~」

TB先  http://blogs.dion.ne.jp/kazami3/tb.cgi/7996668
     http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/570-d35cc243





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-01-14 01:35 | ソウルイーター【終】

<< CLANNAD~AFTER S... 機動戦士ガンダムOO 2ndシ... >>